土壌汚染調査・浄化 株式会社アイ・エス・ソリューション

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

お問い合わせ 03-5297-7288 引合~見積・提案書5日で提出します。

メールでのお問い合わせはこちら

浄化技術解説

化学酸化工法の統合的アプローチ
ISSは原位置浄化のパイオニアとして、フェントン化学酸化を核に、対象汚染物質の種類や対象現場の地質構造に応じて、バイオレメディエーションや土壌洗浄などの手法を適正に組み合わせて土壌汚染浄化に取り組んでいます。
原位置化学酸化
浄化対象地盤に酸化剤源と触媒を導入してラジカル反応を発生させ、原位置で汚染物質を酸化分解する工法です。汚染土壌を掘削、場外搬出せず場内で土壌浄化ができるため、短工期に伴うコスト削減、低環境負荷を特徴とした浄化対策として注目されています。
バイオレメディエーション
原位置で汚染物質を微生物分解する工法です。浄化対象地盤に棲息している微生物の働きを活性化させるために、薬剤を浄化対象地盤に注入します。油汚染の油臭・油膜対策には高い効果があります。
原位置土壌洗浄
乳化剤と過酸化水素を浄化対象地盤に導入して土壌粒子から VOCs 、油分の脱離を促進させ、水と一緒に回収することにより原位置で汚染土壌を洗浄する工法です。浄化対象地盤が不飽和帯の場合は、乳化剤を散布混合するオンサイト土壌洗浄を行います。
環境保全(油臭・油膜対策)
油臭や油膜については、環境省から『油汚染対策ガイドライン(環境省H18年3月制定)』が示されています。ISSでは、上記ガイドラインを参考にしながら、関係者との協議で処理方針を決定し、処理目標を定めて、浄化工事を実施しています。
フルアップポイント工法(特許申請中)
揚水を併用することにより、浄化対象地盤へのフェントン反応剤の浸透と拡散を促進する工法です。
1~2m ピッチでボーリングロッドを打ち込み、 20 地点程度で同時にフェントン反応剤をボーリングロッドから注入。注入地点間でウェルポイントによる真空揚水を併用することにより、フェントン反応剤の注入による土壌含水比の上昇を抑制して液状化を防止し、発生ガスの圧力を低減。注入効率を向上させます。
プロパゲーション®工法
水圧破砕( hydro fracturing )の方法を用いて透水性の低い地層に亀裂を発生させ、そこに粒度の揃った砂を詰めることにより透水性の高い薄い層(プロパゲーション®)を作る工法です。

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。TEL:03-5297-7288

お問い合わせ

スタッフ紹介

採用情報