土壌汚染調査・浄化 株式会社アイ・エス・ソリューション

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

お問い合わせ 03-5297-7288 引合~見積・提案書5日で提出します。

メールでのお問い合わせはこちら

バイオレメディエーション

バイオレメディエーションとは原位置で汚染物質を微生物分解する工法です。浄化対象地盤に棲息している微生物の働きを活性化させるために、薬剤を浄化対象地盤に注入します。そのため、バイオレメディエーションには油汚染の油臭・油膜対策には高い効果があります。

対象物質

  • ● VOCs
  • ● 燃料油

メリット

バイオレメディエーションのメリットは、薬剤を注入した後の微生物分解能が長期間持続するため、効果範囲を比較的広く設定でき、構造物が邪魔をして薬剤を直接注入することのできないエリアや構造物の直下の浄化ができます。一方、地盤の条件によっては微生物分解反応が進まなかったり、汚染物質の分解が途中で停止したりすることがあるため、事前の適応性評価が重要です。
アイ・エス・ソリューションが提供するバイオレメディエーションなら、最新の分子生物学的手法を用いたトリータビリティ試験に基づく設計ノウハウと、分解過程のモニタリングで成功へと導きます。

微生物分解促進剤

  • ● ベンゼンや燃料油を対象とした好気分解を促進する場合→
    ORC® 、過酸化水素などの酸素源とエコットリキッドなどの栄養源
  • ● 塩素化 VOCsを対象とした嫌気分解を促進する場合→HRC®

好気バイオレメディエーション

ORC®を地中に注入すると主成分である過酸化マグネシウムは水と反応して重量の約 10 %の酸素を長期間(半年~1年)にわたって発生します。

極低濃度の過酸化水素で高濃度酸素水を調整して地中に供給します。

リアルタイムPCRを用いた微生物分析

塩素化VOCsの嫌気的脱塩素化には、4つのグループの脱塩素化酵素が働いています。無害なエチレンまでの完全な脱塩素化が進むためには、特定の酵素(BvcA又はVcrA)が必要です。この酵素がないと脱塩素化は有害な塩化ビニルで止まってしまいます。
ISSでは、浄化の確実性を担保するために塩素化VOCsの嫌気バイオレメディエーションを適用する前に、浄化対象地盤におけるBvcAやVcrAの存在を遺伝子レベルで確認し、バイアルを用いた分解試験で適用可能性を評価します。

  • 浄化技術一覧
  • 実績
  • 会社情報

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。TEL:03-5297-7288

お問い合わせ

スタッフ紹介

採用情報