土壌汚染調査・浄化 株式会社アイ・エス・ソリューション

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

お問い合わせ 03-5297-7288 引合~見積・提案書5日で提出します。

メールでのお問い合わせはこちら

浄化工事現場レポートⅠ

埼玉県クリーニング工場跡地
“化学酸化・バイオレメディエーションによる地下水汚染の浄化”

工事概要

規模

273m2

汚染原因

ドライクリーニング機付近で溶剤として使用していたテトラクロロエチレンの漏洩等により土壌が汚染され、さらに、汚染された土壌が地下水汚染を引き起こしていると推察された。

汚染物質

テトラクロロエチレン及びその分解生成物(トリクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン)による土壌及び地下水汚染

土壌/地下水 項目 濃度 基準
土壌汚染 テトラクロロエチレン 土壌溶出量 0.2 mg/L 0.01 mg/L
地下水汚染(低濃度) テトラクロロエチレン 地下水濃度 0.053 mg/L 0.01 mg/L
地下水汚染(高濃度) テトラクロロエチレン 地下水濃度 4.9 mg/L 0.01 mg/L
トリクロロエチレン 地下水濃度 0.98 mg/L 0.03 mg/L
シス-1,2-ジクロロエチレン 地下水濃度 1.8 mg/L 0.04 mg/L
1,1-ジクロロエチレン 地下水濃度 0.006 mg/L 0.1 mg/L

工期

2014年6月~2014年11月
<工期内訳>
・2014年6月~7月中旬(1.5ヶ月間):浄化工事期間
・2014年7月中旬~11月(4.5ヶ月間):モニタリング期間

浄化工法

原位置化学酸化(土壌) 
バイオレメディエーション(地下水)
・原位置化学酸化とバイオレメディエーションのハイブリッド工法

対策の流れ

実施内容

① 調査

調査の結果、以下の表のとおり、テトラクロロエチレンによる土壌及び地下水汚染が確認されました。
表層部分の土壌汚染が、下層部分の地下水に拡散し地下水汚染を引き起こしていると推察されました。

<表 汚染状況>

土壌/地下水 項目 濃度 面積 深度 対策数量
土壌汚染 テトラクロロエチレン 土壌溶出量 0.2 mg/L
(基準:0.01 mg/L)

6m×6m=36m2 地表面~-2m 72m3
地下水汚染 テトラクロロエチレン 地下水濃度 0.053 mg/L
(基準:0.01 mg/L)

10m×10m=100m2 2m~10m 800m3

② 浄化工法の検討・施工計画(土壌汚染)

調査結果により得られた汚染の範囲、深度、濃度から最適な浄化工法を検討・選択しました。

バックホウによる混合撹拌を選択した理由

表層の土壌汚染が原因で地下水汚染が引き起こされるため、土壌汚染を先行して浄化する必要がある。

対象深度(2m)を撹拌可能なバックホウを施工機械として選択した。

化学酸化剤を浄化薬剤として選択した理由

表層の土壌汚染が原因で地下水汚染が引き起こされるため、土壌汚染浄化を先行する。

VOCsを速やかに分解することができるため、化学酸化剤(フェントン反応剤)を選択した。

VOCsは、フェントン反応剤と接触後、水と二酸化炭素に分解される。

http://is-solution.com/technology/oxidation.html

② 浄化工法の検討・施工計画(地下水汚染)

バイオレメディエーションによる浄化を選択した理由

1)
テトラクロロエチレン濃度が基準の約5倍と比較的低濃度。
2)
化学酸化剤の注入よりも、薬剤量・注入期間を短縮することができ、施工費を抑えることができる。

バイオレメディエーションによる浄化計画

1)
土壌・地下水中に存在する微生物の働きを活性化させる薬剤を注入。
2)
薬剤注入後、汚染濃度は緩やかに減少していくため、養生期間を設け定期的にモニタリングを実施する必要がある。
3)
バイオレメディエーションによるテトラクロロエチレンの分解メカニズムのイメージを以下の図に示します。

http://is-solution.com/technology/bioremediation.html

② 浄化工法の検討・施工計画(簡易地下水調査)

●既存の調査結果のみでは、地下水の汚染状況が不明確。
(既存の調査は、10m×10mの範囲で1地点のみ)

調査方法

●土壌浄化後、地下水浄化のために使用するボーリングマシンを用いる。
●採取した地下水の分析は、現地測定による簡易分析とした。
●現地測定の利点は、

1)
地下水を現地で分析することができる。
2)
分析結果を速やかに得られるため、結果を直ちに工法にフィードバックすることができる。

③ 土壌汚染の浄化

④ 簡易地下水調査

得られた結果

④ 簡易地下水調査(工法再検討)

高濃度汚染のポイント

柱状改良機による施工イメージ

⑤ 地下水汚染の浄化【低濃度汚染】

⑥ 地下水汚染の浄化【高濃度汚染】

⑦ 地下水モニタリング【低濃度汚染】

バイオレメディエーションによりPCEが減少、分解生成物の濃度が上昇するが※1、基準以下で推移

⑦ 地下水モニタリング【高濃度汚染】

化学酸化によりVOCs濃度が急激に減少し、その後、バイオレメディエーションによりPCE及び分解生成物を基準適合まで減少

● 現場担当者の声(小松さん・北原さん)

小松 大祐

クリーニング工場の跡地に多いテトラクロロエチレン汚染(VOCsの一種、パーク、パークレンとも呼ばれる)は、地下水汚染を伴っていること、深層部まで汚染されていることが多く、弊社が得意とする原位置浄化が向いています。浄化費用は掘削除去等よりも非常に安価にでき、揚水対策のように、いつまでも浄化が終わらない、ということがありません。ぜひ、パーク汚染は弊社にお任せください!

北原 亘

浄化工事では、既存の調査結果のみではすべての汚染状況を把握することが難しい場面もあります。既存の調査結果のみに頼らず、現場でデータを取りながら詳細な汚染状況を把握し、浄化を進めます。
  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。TEL:03-5297-7288

お問い合わせ

スタッフ紹介

採用情報