土壌汚染調査・浄化 株式会社アイ・エス・ソリューション

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

お問い合わせ 03-5297-7288 引合~見積・提案書5日で提出します。

メールでのお問い合わせはこちら

工場跡地の土壌汚染問題解決事例

工場経営者様の多くが、土壌汚染にまつわる問題で悩んでおられます。

  • 悩み1
    行政手続きが複雑でよくわからない
  • 悩み2
    調査や対策をどこにお願いしたらよいかわからない
  • 悩み3
    土壌汚染があるもしくはその可能性がある状態では、土地を買い取ってもらえない
  • 悩み4
    土壌汚染対策の費用が土地代よりも高い

これらの悩み、全て弊社グループで解決します!その解決の一例を以下に示します。

汚染地で営業しながら汚染リスクを回避した事例

汚染地で営業しながら汚染リスクを回避した事例

対象地

昭和30年代から操業していたクリーニング工場の跡地

背景

他社が途中まで土壌調査を実施しており、汚染がある事は確認されていた。汚染範囲を確定するためには更なる調査が必要であったが、土地が売れる見込みがないままでは、調査に費用を捻出できず、止まってしまっていた。

解決策:フロー参照

弊社にて、現在までの調査結果から土壌汚染リスクを定量化し、得られた数値から弊社グループのエンバイオ・リアルエステート(旧 ビーエフマネジメント)社が現状有姿で購入した。なお、現状有姿での購入であるため、土壌汚染対策法にかかる責任は、エンバイオ・リアルエステートが承継した。

その後:フロー参照

購入後、必要な調査を実施したところ、図面中の②で低濃度の汚染が、③で高濃度の汚染が発覚し、要措置区域(行政から浄化命令が出る土地)に指定された。すべての範囲を従来工法で浄化すると、土地の価格を大きく超える費用が必要であった。
そこで弊社の安価な浄化技術によって②を浄化、区域指定を解除した。その後、①と②は売却した。高濃度汚染の存在する③はエンバイオ・リアルエステートが保持、①および②の売り先に賃借しながら、弊社にて極めて安価な長期浄化(バイオレメディエーション)を行い、浄化完了後、①および②の売り先に売却する予定である。

まとめ

土壌汚染リスクと不動産価値を同時に見込むことが出来るので、現状有姿・瑕疵免責で購入が出来た。なお、土壌汚染リスクの評価には、弊社の安価な浄化技術が活用でき、結果として不動産購入費用に多くの費用を捻出できた。
弊社とエンバイオ・リアルエステートというグループ2社の連携により、保持しながらの浄化および売却の選択が出来た。

  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。TEL:03-5297-7288

お問い合わせ

スタッフ紹介

採用情報